酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

Oxy Shttle(ユニコム)

株式会社ユニコムが提供する、酸素カプセルOxy Shttle(オキシシャトル)のレンタルサービスについて紹介します。

Oxy Shttleのレンタル費用

オキシシャトルには「オキシシャトル・プレミアム PR-740」「オキシシャトル・スポーツ SP‐740」「オキシシャトル・スポーツ・デラックスSP‐740DX」「オキシシャトル・ハードHA-750」の4種類があり、その中でもレンタルサービスを行なっているのは、「オキシシャトル・スポーツ SP‐740」「オキシシャトル・スポーツ・デラックスSP‐740DX」の2つです。

レンタル料は、1ヶ月42,000円~。(初回初期費用10,000円)製品・条件によって料金は変わりますが、初期費用(往復の送料と諸経費)が含まれてこの料金ですから、比較的お手ごろなのではないでしょうか。また、犬や猫などのペットの酸素吸入にも使用できる、酸素濃縮器のレンタルも行なっているようです。

サポート制度についてはホームページで見受けることができなかったので、問い合わせが必要です。

低負担・高濃度酸素の酸素カプセルを実現

オキシシャトル(SP740)は、エアーのみで加圧する酸素カプセルです。1.2気圧という低負担の圧力で、高い酸素濃度を実現しています。

エアー漏れなどで懸念されているソフトタイプの酸素カプセルですが、同じように空気のみを加圧した1.3気圧ハードカプセルに比べて酸素量が約20%多くなり、酸素をたくさん吸収することができるようです。

また、強度の高い布地を使用しているため、従来のソフトタイプの酸素カプセルと比較すると、エアー漏れなどの問題はかなり改善されているようです。

1番エアー漏れが心配されるファスナーには、密封用のパッキンがないのでしっかり密封することができ、エアーが漏れてしまう心配がないように設計されているので、従来のソフトタイプの酸素カプセルよりも、安心して使用することができそうです。

リハビリとしての使用も

オートバイ・ロードレーサーの加賀山就臣さんは、怪我のリハビリとして、オキシシャトルを利用していると、公式ホームページで紹介されていました。

日常的に酸素カプセルに入ることによって、疲れがとれやすくなったり、リハビリの効果が倍増したり…という方が多くいるようですから、多くのスポーツ選手が酸素カプセルを使用しているのもうなずけますね。

Oxy Shttleは何位?酸素カプセルのレンタル・リースランキングはこちら