酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


酸素カプセルガイドHOME » 【地域別】おすすめの酸素カプセル取扱店

【地域別】おすすめの酸素カプセル取扱店

近年では、有名スポーツ選手や女優が酸素カプセルを利用していることが判明したことで、酸素カプセルが身近なものへとなりました。
日本中に酸素カプセルの取扱店が増え、手軽に利用できるようになったのは良いのですが、本当に良い店を選ぶのが難しくなってしまいました。

自分に合った酸素カプセル取扱店を選ぶのに、近場にある全ての店に足を運んで評価をするのはとても面倒ですよね。
店によってはハードタイプだったり、ソフトタイプだったり置いている酸素カプセルの種類が異なります。
自分がどっちのタイプが肌に合っているかは実際に体験してみないとわかりません。

ここでは、日本全国の数ある酸素カプセル取扱店の中でも地域別に分けて、特に評判の良い店をピックアップしています。

また、酸素カプセルをレンタル・リースをしたい方にも酸素カプセルを自分の体で体験することで、より良いものを判断できる手助けになるかと思います。是非ご参考にして下さい。

酸素カプセルを導入する際に気を付けたいこと

酸素カプセルの導入を本格的に検討しているのであれば、事前に押さえておきたい注意点についても確認しておきましょう。例えば、次のようなことが挙げられます。

まずは自分が正しい使い方を理解

酸素カプセルを利用する方の中には、他で一度も酸素カプセルの利用経験がない方もたくさんいます。そのため、お客さんが安心して利用できるように細かい注意点については、自分自身できちんと押さえておきましょう。

なにか質問をされた時に迷わず答えられるように知識をつけておくと良いですね。もちろん安全性を確実なものにするためにも、マシンの特徴や注意しなければならないポイントについて、正確に把握しておかなければなりません。

酸素カプセルは正しい使い方をしなければ十分な効果が得られないだけでなく、危険性もあるものですので気をつけておいてください。

信頼できる業者を選ぶ

例えば、自分はレンタルでスタートしてみたいといっているのに、何が何でも購入を勧めてくるような、こちらの意見を全く聞かない業者は避けておいた方が良いです。導入した後も何かとサポートしてもらう必要が出てくるので、長い目で見て信頼できる業者を選びましょう。

アフターフォローがどれくらい整っているか?については、各業者によって違いがあります。購入前まではかなり感じが良かったのに、購入後は最低限のサポートしかしてくれないようなところもあるので、困ったことがあった時に、電話1本ですぐに駆けつけてくれるような業者を探してみてください。

いざ購入してからアフターサービスに問題があったと気づいても遅いので注意が必要です。

暑さ対策を忘れずに

酸素カプセルを利用している間は窓を開けることができませんよね。ですが、加圧時には中の空気が温まり、お客さんの中には「暑くて不快」と感じる方もいるのです。

この時のための対策を取っておかなければなりません。簡単な対策として挙げられるのが、部屋の温度をあらかじめ下げておいて、カプセル内の温度が上がっても熱くなりすぎないようにしたり、お客さんにアイスノンを渡したりするなど。クーラー機能がついていない酸素カプセルを選ぼうと思っている方は特に注意が必要です。

大きく分けると酸素カプセルにはハードタイプとソフトタイプがあるのですが、このうちソフトタイプの酸素カプセルはカプセル内に熱を持ちやすい特徴があります。そのため、一度稼働させた後は、しばらく冷やさなければ次のお客さんを入れることができない可能性もあるのです。

こうなると、当然ながら稼働率や回転率の問題にも繋がってしまいますよね。一日フル回転させて利益を得ようと思っていても、それができないということになると予定が大きく狂います。

フル回転させる予定で酸素カプセルを検討しているのであれば、ソフトタイプよりもハードタイプの方が向いているでしょう。

値段で選ぶのは危険

酸素カプセルは安いものではありません。そのため、費用の問題で悩んでいる方もいるでしょう。だからといって、安いものを基準に選ぶことはやめておいた方が良いです。やはり、相場に比べて安いマシンはそれなりの理由があります。

ただ、だからといって高いマシンの方が無条件で良いのか?というとそうではないのです。やはり、売る側としてはできるだけ高いマシンを買って欲しいといった希望があるわけなので、高額な酸素カプセルが魅力的であるように宣伝してきます。

ですが、大切なのは自分の希望やニーズに合ったものを取り入れることなので、本当に自分にとって、その酸素マシンが最適なのかはきちんと見極めるようにしなければなりません。

店舗に導入するまでの流れ

実際に酸素カプセルを導入することになった場合、どのような流れになるのかについて各ステップをみていきましょう。

1.理解を深める

まずは酸素カプセルがどういうものなのか、ある程度自分で理解しておいた方が良いです。細かい説明は業者の方から受けられますが、基本的な仕組みなどを理解しておいたほうが話もスムーズに進むでしょう。

2.運用について考える

どのような希望があるのかによって最適な酸素カプセルは変わってきます。そのため、事前に酸素カプセルの時差に導入した場合の運用方法などについて決めておくことが大切。 お客さんはどれくらい獲得できる予定なのか、どのようなコースを作りたいと思っているのかなどもある程度考えておくと最適な酸素カプセルがわかりやすいです。

3.業者への問い合わせ

ある程度、どのような形で酸素カプセルを取り扱って行こうか考えると、それに該当する酸素カプセルもわかるはずです。あとはその業者に直接問い合わせをしてみましょう。

4.打ち合わせ

打ち合わせでは担当の方が細かく話をきいてくれます。この時、自分の希望はすべてしっかりと伝えましょう。また、わからないことがあった時にも、理解できるまで質問しておくことが大切。自分の希望を聞く漏らすことなく伝えることにより、業者側でも自社の酸素カプセルがあっているのか、どれが最適なのかを判断しやすくなります。

打ち合わせの中では、業者側の話を聞いた上でもともと検討していたコースが難しいと感じたり、業者側の提案で新たなコースが思い浮かんだりすることもあるでしょう。各酸素カプセルによって特徴や魅力は違うので、細かいところまで話を聞いてしっかり理解することが大切です。

この中では、メリットだけでなく、デメリットについても確認しておきましょう。一切デメリットに関する説明がない場合も信頼できる業者とはいえません。

5.提案

業者側から自社の製品の提案があります。具体的にどのようなマシンなのか、メリットは何なのか、料金やおすすめの機能、導入時期などの細かい説明があるので確認しましょう。

提案の中で、自分が望んでいる機能がない、と感じたり、他にも何か良いマシンがあるのでは…と感じることもあるかもしれません。

契約してから取り消しをするとなるといろいろと大変のため、契約前の段階で気になることや不安なことがあったらすべて解決しておいた方が良いです。理想と合致していないようであれば他の酸素カプセルを検討してみましょう。

6.契約

内容に納得できて購入を決めた場合は、見積書を出してもらいましょう。ここで問題がなければ契約といった形になります。もちろん、ただ話を聞いただけで無理やり契約させられるようなことはありませんし、実際に多くの方が各業者を比較しながら決めているので、焦って契約する必要はありません。

7.搬入

事前に決めていた日に搬入をしてもらいます。このあたりはどの業者を選んだとしても調整をお願いできるはずなので、自分の都合と相談しながら決めましょう。設置工事では技術者の方が手際よく酸素カプセルを取り付けてくれるので、心配はいりません。

8.テスト稼働

設置が完了したら問題なく動くのかテスト稼働を行います。基本的な使い方のためわからないことがある場合はしっかりと確認しておきましょう。

店舗に導入するまでの具体的な流れは各業者とのやりとりによっても変わってくるので、契約する業者に良く確認を取っておくことが大切です。例えば、支払の時期なども業者によって異なるので、相談してみてくださいね。体験ができる酸素カプセルもあるので、業者側から説明を受けた後は実際に体験して理解を深めるのがおすすめ。

また、導入を決めたからといって焦って購入しないようにしましょう。特に時間をかけたいのが、打ち合わせと提案に関することです。

中には契約を急いで進めてくる業者もあるかもしれませんが、そういった業者は信用できないのでお断りしましょう。

こういったポイントを抑え、各地域でおすすめの取扱店をチェックしてみてくださいね。