酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


酸素中毒の可能性は?

私たちが生きていくために必要な酸素も、摂りすぎると体に害をなすことがあります。その1つが、酸素中毒という症状。意識の喪失や呼吸困難、筋肉痙攣、吐き気、パニック、幻覚などが兆候として現れ、最悪の場合死にいたることもある、恐ろしい中毒症状です。気をつけなければならないのは、高圧環境下で酸素を呼吸し続けないこと。ダイビングをする方などは、習うとは思いますが、深く潜るときは特に注意が必要です。

高圧環境下で酸素を呼吸する、といえば、酸素カプセルも同じ状態になりますよね。酸素カプセルで酸素中毒になる危険性はないのでしょうか。

酸素中毒が発症する可能性

結論から言うと、酸素カプセルでの酸素中毒事故の可能性は、ほとんどありません。その理由は、以下の通りです。

酸素中毒の発症する条件が、「3気圧、1時間以上」といわれているからです。酸素カプセル内の気圧は1.3気圧前後。治療の時間は医院やサロンによって異なりますが、最長で1時間30分程度でしょうか。それでも、酸素カプセル内の気圧が、中毒発症の条件である3気圧からはほど遠い数字なので、きちんと使用方法を守っているサロンであれば、特に心配の必要はありません。

 

酸素カプセル内の1.3気圧という数字は、水深でいうと、およそ3m潜ったときにかかる水圧と同じです。ダイバーが酸素中毒を発症する危険性が高い、といわれているのは、水深40m以上まで潜ったときで、5気圧以上。ダイバーにとって水深3mは、何の心配もなく潜れる深さでしょう。つまり、酸素カプセルに入るときも心配は不要です。

 

酸素カプセルよりもさらに高い気圧環境の中で酸素を吸入する高気圧酸素療法では、副作用の可能性として酸素中毒が挙げられています。ですが現在のところ、中毒症状などの事例報告はないようです。高気圧酸素療法でも酸素中毒の症状がないのであれば、それよりも気圧の低い酸素カプセルでの酸素中毒は、まずないと言って良いでしょう