酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


酸素バーとの違い

「酸素が健康に良い」という認識が広がり、濃縮された酸素を吸うことができる酸素バーの店舗ができたり、家庭用の供給装置が家電量販店でも手に入るようになりました。酸素を吸うことと、O2カプセルに入ることに、違いはあるのでしょうか?

O2カプセルがおすすめな理由

実は、その2つでは身体に入る酸素の質が違っているのです。

O2カプセルに入ることで、多くの溶解型酸素を体に取り入れられるのが特徴です。溶解型酸素はヘモグロビンと結合しないため粒子が小さく、からだ全体の毛細血管まで届きやすい酸素です。しかし、これはふつうの状態では、運動したり呼吸法で酸素を多く取り込んだりしたとしても、多く取り込むことは難しい物です。

それに対して、酸素バーの酸素吸入で体内に入ってくるのは、結合型酸素。ヘモグロビンと結合し、粒子が大きくなるため、毛細血管に届きづらく、体内の隅々までいきわたりにくい酸素なのです。

体内に酸素を取り込むというと、「活性酸素=健康に悪い」というイメージがあるために、違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。活性酸素は身体に入ってきた異物を攻撃するために発生するのですが、活性酸素は酸素不足が原因という説もあります。酸素をとりすぎる場合にも発生するといわれていますが、O2カプセル内は適正な酸素濃度に設定されているため、その心配はありません。さらに、気圧を上げることにより、体内の活性酸素を排出する働きもあると考えられています。