酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


酸素カプセルガイドHOME » O2カプセルにまつわる基礎知識 » 酸素カプセル利用はドーピング?

酸素カプセル利用はドーピング?

サッカーのベッカム選手のケガの回復で注目を浴びた高濃度酸素療法を、より手軽に、より安全に行うことができるようにするために開発された健康補助器具が、O2カプセルです。

ドーピング問題にO2カプセルが関係していた!?

ある時期、「スポーツ選手がこのO2カプセルを利用することはドーピングに当たるのではないか」という議論がありました。そのため、北京オリンピックでは利用が禁止されたほどです。現在では、世界反ドーピング機関(WADA)が「補足的な酸素の使用は禁止しない」という旨の趣旨を規定に盛り込むことになったため、O2カプセル類全般の使用はドーピング違反に当たらないという見解をまとめたと発表されましたが、その位効果があるということにもなりますね。

また、WADA は回復や治療には非常に効果的であるが、選手の“実力アップにはつながらない”と判断したそうです。

そのようなO2カプセルですが、ベッカムだけではなく、早稲田大学の斉藤祐樹投手やボクシングのWBCチャンピオン長谷川穂積選手が使っているといわれていますし、ライブではハードなパフォーマンスを行うことで有名なX-JAPANのYOSHIKIや女優の米倉涼子さん、タレントの真鍋かをりさんも使っているといいます。

ケガの治療だけでなく、疲労回復やボディコンディショニングのため、球団ぐるみで導入しているプロ野球のチームもありますし、前回のドイツで行われたサッカーワールドカップの時、日本チーム合宿所に持ち込んだとも報じられました。「競技力の向上にはつながらない」のかもしれませんが、ハードな毎日を過ごしているスポーツ選手や芸能人にとっては、この回復効果は非常に魅力的なようです。