酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


酸素カプセルとは?

私たちは、呼吸によって酸素を体内に取り入れて生活をしていますが、空気中の酸素濃度をチェックしている方は少ないでしょう。実は、現代人は「慢性的な酸素不足」と言われているのです。

人が生きていく上で、最適な空気中の酸素濃度はおよそ30%だといわれているのに対して、現在は約21%。つまり私たちは、気付かないうちに酸素不足の環境下で生活をしているということです。

大気汚染や森林伐採の影響で、酸素はさらに減りつつあります。そのような酸素不足状態の現代人を、ケアするために発明されたのが「酸素カプセル」です。

体の奥まで酸素を浸透させる、酸素カプセルとは

体に取り込まれる酸素は、結合型酸素溶解酸素の2種類に分けられます。

人間の呼吸では、結合型酸素しか取り入れることができません。ところが結合型酸素は、毛細血管の先までは届かないため、からだの各部位に酸素がいきわたらず、血液の流れを悪くします。

対して溶解型酸素は、血液や体液に混じりやすい性質です。体内の隅々まで、酸素を運んでくれるので、血行も良くなり疲れがとれてサッパリするそうです。

溶解型酸素は通常の大気圧の下では、ほとんど存在しませんが、高気圧と高濃度な酸素の環境下では増やすことが出来ます。この2つを作り出せるのが「酸素カプセル」なのです。高圧なカプセルの中に濃度の高い酸素を発生させ、圧力でからだ全体に溶解型酸素を運んでくれます。

溶解型酸素で補充すると、体の酸素濃度が増加し、代謝も上がるため「疲労回復などの様々な健康効果」が期待できますよ。