酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


酸素カプセルガイドHOME » 酸素カプセルメーカーの製品を調査 » オキシリウム(神戸メディケア)

オキシリウム(神戸メディケア)

神戸メディケアが販売する酸素カプセル「オキシリウム」シリーズについて紹介します。

オキシリウムの価格は?各機種の特徴をチェック

酸素カプセル利用者2,000人からアンケートをとり、その声を反映したというオキシリウム。「オキシリウム」「オキシリウムプラス」「オキシリウムメディカル1.5」の3種類があり、様々な業態に対応しています。

オキシリウムシリーズは、カプセル本体と制御装置(コンプレッサー)を一体化しており、配線も少なくて済む省スペース設計。さらに消費電力は従来の1/3まで抑えられていて、一時間あたりの電気代は約5円という安さを実現しています。また、静穏性も高く、稼動時の音はおよそ40db。これは「静かな図書館」と例えられるくらいの静かさです。

オキシリウムは全シリーズに耳抜きサポート機能を搭載するなど、基本機能も充実していますが、オプションが豊富なのも魅力のひとつでしょう。例えば、Panasonicがオキシリウム専用として開発した高性能クーラーや、定番のDVDプレイヤー、スピーカーなど、必要と思われるものは一通り揃っています。お店のロゴを入れるなど、セミオーダーも可能となっているそうなので、気になる方は問い合わせてみてください。

以下に、それぞれの商品の特徴を紹介します。

「オキシリウム」は何位?酸素カプセル比較ランキングはこちら>>

『オキシリウム』(参考価格:1,680,000円)

1.1、1.2、1.25気圧の3段階に調節ができる機種。

『オキシリウムプラス』(参考価格:3,400,000円)

酸素濃度を21%から29%まで上げることができ、1.2、1.3、1.35気圧までの調節が可能。

『オキシリウムメディカル1.5』(参考価格3,999,000円)

医療機器レベルの性能を持つフラッグシップモデル。最大1.5気圧までの加圧、さらに酸素濃度を30~35%まで引き上げることができます。1.3気圧以上に加圧できる商品は少なく、耐久性が不安だという方もいらっしゃるかもしれません。しかしオキシリウムメディカルは、1.4~1.6気圧の間で加圧・減圧を1200時間繰り返すテストにも耐えたそうなので、安心できますね。