酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


酸素カプセルガイドHOME » 酸素カプセルメーカーの製品を調査 » オアシスO2(オキシーヘルス)

オアシスO2(オキシーヘルス)

オキシーヘルス(OxyHealth)社の酸素カプセル「オアシスO2」について、製品の特徴や口コミなどを述べていきたいと思います。

豊富な導入実績を誇るオアシスO2の特徴

オアシスO2は歴史ある酸素カプセルで、軍の医療機関や山岳救助など、幅広い分野で利用されてきました。世界で約5万台の販売実績があり、日本においても1500台以上が導入されているとか。現在の販売元であるオキシーヘルス社は、アメリカで25年以上酸素カプセルの開発を行っている会社。オアシスO2は、そんなオキシーヘルス社と、宇宙開発で有名なNASAの技術提携によって生まれた酸素カプセルです。

徹底された安全性・品質テスト

オキシーヘルス社の酸素カプセルは、安全性もお墨付きです。日本でいう厚生労働省にあたる、アメリカの保健機関FDAの品質テストにも合格していて、医療認可を取得。国内では日本国際健康気圧協会も認定している製品です。

また、オキシーヘルス社ではバーストテストという検査を行っていて、どこまでの気圧に耐えうるかをチェックしています。その結果オアシスO2は1.7気圧までの耐圧テストにも耐え、通常使用(1.3気圧)においては、全く問題ないことが証明されています。さらに1万回もの伸縮テストを実施しているとのことで、耐久性の高さがうかがえますね。

オアシスO2のブランド名変更について

現行の商品は、オアシスO2という商品名が変更されているようです。

○オアシスO2(Sサイズ)→Solace210

○オアシスO2(Mサイズ)→Respiro270

○オアシスO2(Lサイズ)→Vitaeris320

販売店によっては、中古や旧型のモデルも購入することができるので、気になる方はチェックしてみてください。

【参考価格】

○オアシスO2(Sサイズ)…定価350万円

○オアシスO2(Mサイズ)…定価400万円

○オアシスO2(Lサイズ)…定価450万円

人気機種ばかり!酸素カプセル比較ランキングはこちら>>

同製品への口コミ

  • 「毎日仕事で忙しい日々が続いていますが、この酸素カプセルに入るととても調子が良く、翌朝の目覚めは最高です。自分へのご褒美にと購入しましたが、大正解でした」(40代女性)
  • 「酸素カプセルに入って、鉛のように重かった体が、驚くほど軽くなりました。それから週1で通うほどハマってしまって、体調も、ゴルフのスコアもいい感じです」(50代男性)