酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


酸素カプセルガイドHOME » 酸素カプセルメーカーの製品を調査 » 酵素シャワーカプセル(アプティック)

酵素シャワーカプセル(アプティック)

酸素カプセル「酵素シャワーカプセル」ならびに販売元の株式会社アプティックについて述べていきたいと思います。

商標・特許登録されたソフトタイプ

いわゆるソフトタイプの酸素カプセルになり、ハードタイプとは異なる性格と言えます。

大きな特徴としてはまず、同製品は販売元のアプティックにより、商標・意匠登録がされており、またソフトタイプの弱点である空気漏れを大きく軽減する、特許取得の2重チャックが採用されているとのことです。

さらに同製品は、京都市の中小企業支援センターが主催する企業価値創出支援を目的にした「バリュークリエーションプラン審査委員会」より、最優秀のオスカー企業に認定されたと記載されています。加えて、プロ野球のオリックスパファローズおよび東北楽天イーグルスのキャンプ地でも使用されたとアピールされており、これは携行しやすいソフトタイプ特性をいかしてのことと思われます。

ラインアップは3種類、カラーも3色から

酵素シャワーカプセルは、3種類のタイプがラインアップされています。カプセル自体は共通のようですが、周辺機器の違いによるバリエーションのようです。

スタンダードであるAOC-720は制御ボックが手動タイプで酸素濃縮器が1台、中間機種のAOC-720-SDXは制御ボックスがマルチタイプとなり、この制御ボックスと酸素濃縮器を収める、冷却ファン付き専用システムラックが付属します。上位機種のAOC-720-DUALでは、SDXの内容に酸素濃縮器がその名の通り2台付属するという内容になっています。

また、カラーもパステルピンク、ベージュ、アクアグリーンの3色から選べるようになっており、オリジナルのカラーやロゴデザインを入れることも可能のようです。お店の個性と合わせたい場合には、惹かれるポイントになりそうです。

なおホームページ上では価格が記載されていませんが、検索してみると実勢価格で3,500,000円 から4,500,000円という価格帯のようです。

同製品への口コミ

  • 「寝不足でもないのに昼間睡魔に襲われることが多々あり、知人の勧めで酸素カプセルを受けたら、症状が出にくくなくなりました」(30代男性)
  • 「ダイエット効果を高めるためにとエステサロンで勧められました。最初は半信半疑でしたが、ウエストのお肉が絞れ、また肩こりも楽になりました」(40代女性)

特許技術やプロ野球球団で使用され、京都市からも賞を受賞するだと、品質の高さは認めるにやぶさかではありません。しかし、ソフトタイプで実売価格が350~450万円 というのは、あまりにも高額過ぎます。大量生産によりコストダウンされれば良いのですが…。

「酸素シャワーカプセル」は何位?酸素カプセル比較ランキングはこちら>>