酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


O2カプセル(タイムワールド)

ここでは、家庭用にもオススメの酸素カプセル「O2capsule」ならびに、販売元であるタイムワールドについて紹介していきます。

タイムワールドのハード型酸素カプセル「O2capsule」

私の整骨院でも導入しているタイムワールドの「O2 capsule」。私がタイムワールドを選んだポイントは、実績が豊富で、幅広い業種・公共施設からも信頼されているという点です。全国のサロンや病院、スポーツジムはもちろん、野球チームの中日ドラゴンズや、地下鉄の東京メトロなどにも導入実績があります。

O2capsuleの特徴

タイムワールドO2capsuleの画像O2capsuleは、10tもの負荷にも耐えることができる、丈夫な素材を使用しています。また、全自動運転にも対応していて、コントローラーを内部に持ち込むこともできるので、家庭用には最適。万が一の場合は、内部にある弁を開けることで手動減圧もできるので安心です。

価格は260~300万円。レンタルであれば月額10万円です。最大50%の高濃度酸素を吸引することができ、1.3気圧まで加圧可能。同価格帯の商品と比べてみても、申し分ないスペックです。

家庭用にもハードタイプがオススメ

家庭用の酸素カプセルというと、ソフトタイプを想像する方がほとんどだと思います。しかし、ソフトタイプはハードタイプと比べ非常に耐久性が低く、安価なものだとファスナーを開閉しただけで破損してしまう、という事例もあるそうです。小さなお子様がいらっしゃる家庭などでは、置く場所によってはすぐに壊されてしまうかもしれません。

一方、ハードタイプは耐久性も高く、「O2capsule」のように全自動のカプセルであれば、1人だけでも簡単に利用できます。ただし、導入費用が高いことや、収納場所・置き場所に困るというのが唯一の難点でしょう。

O2capsuleをソフトタイプと比較!酸素カプセルランキングはこちら≫

O2カプセル(タイムワールド)はこんな家庭にオススメ

耐久性が高いものを探している方におすすめです。こちらはハード型のカプセルということもあり、家庭向けとしては向かないのでは…と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

注意しておきたいこととして、ある程度置き場所を確保できる方にしか向いていないでしょう。O2カプセルはサイズが全長220cm、高さは85cmになるのでかなりの大きさです。

このサイズの問題さえクリアできれば検討の余地はありますね。ハードタイプということもあり使ったら収納するというよりも常に出しっ放しになるのでこの点は注意しておきましょう。使用しないときは収納できるタイプの商品を探している方には向いていません。

置きっ放しでいられる設置場所が用意できる方はぜひとも検討してみてくださいね。また、高価な商品となるので資金に余裕がある方に向いています。