酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


安全性を重視

酸素カプセルは、医療用の機器ではありません。健康補助のための器具です。医療用では100%の純酸素を用いますし、病気によって変わるようですが、おおよそ2気圧ぐらいをかけるようです。これは高気圧治療のために使われ、潜水病や、救急のガス中毒や、急性心筋梗塞、脳血管障害の治療などでも活用されています。しかし、健康な人に対しては、酸素濃度を低くして、気圧も2気圧ほど高くなくても、酸素の身体に対する効果は得られるのではないかと考えて開発されたのが、酸素カプセルです。

医療用機器を元に開発された酸素カプセル

高気圧で酸素濃度を高めるタイプの酸素カプセルは、現在はドーピングに抵触しないとされていますが、北京オリンピックでは、ドーピングに抵触するとして使用ができなかったのです。つまり、逆に言えば、効果があると認められているということにもなります。

しかし、酸素カプセルには、制御方法などにもさまざまな方法があり、メーカーによって、酸素濃度の表現方法も違います。酸素濃度の濃さをうたっているメーカーもありますが、それには少し注意が必要です。酸素カプセルの構造上、医療用でない場合は酸素濃度が上がりにくいのです。

どのくらいの濃さの酸素を使っているかは、実はそんなに重要ではありません。ある一定の気圧以上にならないように、カプセル内の空気は容量以上には入りません。なので、濃度の高い酸素を送り込んだとしても、普通の空気と混じり合って排出されていくのです。これは、カプセルを大きなバケツに例えれば、10℃の水を入れておいて、80℃のお湯を少しずつ送り込んでもなかなか熱くならないのと似ています。少しずつ気圧を上げなくてはいけない酸素カプセル内も、一気に高濃度の酸素を送り込むという構造ではないのです。

酸素カプセルの安全性徹底調査

酸素カプセルといえば、使ったことがない方からすれば少し危険なものでは…と感じてしまうようなものかもしれません。身体に圧力をかけるものなので、各商品の安全性についても先におさえておきたいですよね。

そこで、人気の酸素カプセルであるオーツーカプセル、メディカルO2、Dream-plusそれぞれの安全対策はどうなっているのかについてご紹介しましょう。

オーツーカプセル

カプセルの中にコントローラを持ち込んで操作することができます。それだけでなく、こちらの商品は医療機器メーカーと共同開発をした商品でもあるのです。これにより、2重3重の安全性を確保することに成功しています。

また、カプセルの中にはインターフォンが設置されており、セラピー中でもインターフォンで外と通話が可能です。もしも何かトラブルがあったり、不安なことがあった時にカプセルの中からでも外とコンタクトが取れるのは大きな魅力ですね。

それから、万が一トラブルがあった際にはすぐに圧力を下げられるように緊急排気弁他安全装置も設置されています。これにより、外からでも内側からでも手動で緊急の排気ができるのです。

オーツーカプセルはプロサッカー選手である香川真司選手が実際に使っている酸素カプセルでもあります。プロの選手ということもあり、商品選びや安全性のチェックはかなり慎重に行ったはずです。ここからもオーツーカプセルの安全性の高さがうかがえますね。

メディカルO2

酸素カプセルの研究者である京都大学大学院の石原昭彦教授と共同開発を行った商品です。専門家がしっかりと監修をしているので、安全性も高い商品だといえるでしょう。

酸素カプセルは健康に繋がるアイテムとして非常に人気が高いのですが、気圧が高すぎると耳への圧力が懸念されますし、酸素の濃度を間違えると活性酸素が発生することによりかえって不健康を招いてしまうこともあります。

そういった点でもしっかり考えられている酸素カプセルです。

また、本体だけでなく、コントローラまで国産の商品となっているので、日本品質が確保されているのも大きな魅力だといえるでしょう。サポート体制にも力を入れており、万が一故障したりトラブルが発生した時にはすぐに対応してもらえるので安心ですね。

直営している酸素サロンもあるため、そこで知識や経験を積んだスタッフが直接対応してくれます。

Dream-plus

操作が複雑な酸素カプセルだと誤った操作をしてしまうこともあるかもしれませんが、Dream-plusの場合は誰でも使える全自動運転の商品です。リモコンのオンとオフのボタンを押すだけですべて自動で加圧と減圧を行ってくれるため、操作方法を間違えたために大きなトラブルに繋がってしまった…といった心配はないでしょう。

また、何かトラブルがあった時に外部の人とインターフォンで会話ができるシステムも整えられています。初めて酸素カプセルを使う方でも安心して使用できるでしょう。

すぐに対応が必要な緊急のトラブルが起きた場合は緊急停止ボタンも用意されています。シンプルでありながらしっかりと安全対策に力を入れて作られた商品ですね。

それから、酸素カプセルを使用したいと思っているけれどどうしても耳抜きが苦手…という方もいるはず。酸素カプセルを利用する上で耳抜きは必ず必要になるものです。口を閉じて鼻をつまんで鼻から息を出すようにする方法のほか、唾を飲み込むなどの方法がありますが、これがうまくできない方もいます。

ですが、Dream-plusには耳抜きをサポートする機能が搭載されているのです。耳抜きが苦手で酸素カプセルが利用できない…といった心配もないでしょう。

安全性が高い商品を選ぶ必要性

酸素カプセルは高価なものということもあり、費用ばかりを重視してしまう方もいます。ですが、それよりもよく考えておかなければならないのが安全性の問題だといえるでしょう。

例えば、業務用として導入する場合は万が一事故を起こしてしまった際に大きな問題になります。お客さんが安心して使えるような酸素カプセルを選んでおきたいですよね。

家庭用の場合も、安全面にそれほど力を入れておらず何かあった時の対策があまり取られていなかったり、不具合が出るような酸素カプセルを使っていると大きなトラブルに繋がる可能性があります。しかも周りに誰もいないような状態で使ってトラブルが発生すると助けてくれる人がいないので危険に繋がることもあるでしょう。こういったことからも安全性を重視する必要性がわかります。

商品を比較して選ぼう

酸素カプセルを選択する際に比較すべきなのは安全性だけではありません。どのような特徴があるのか、自分に向いているのかなどについてもしっかり考えておく必要がありますよね。ただ、一つひとつ酸素カプセルを比較するのは大変なことです。

そこで、各商品の特徴などを比較してまとめました。酸素カプセルを選ぶ際にはこちらも参考にしてみてください。

http://www.oxycapsule.com/introduction/hikaku.html