酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


特徴を確認

酸素カプセルと一口にいいますが、ちょっと調べてみれば分かるように、いろいろなものがあり、値段もさまざまです。経営者として考えた場合、導入コストが低いにこしたことはないわけですが、性能や後々のメンテナンスなどまで考えると、一概に価格ばかりで選ぶのは危険。費用対効果をよく調べて購入すべきだと思います。

業務用ならハードタイプの酸素カプセルを

酸素カプセルには、大きく分けて、ボックス部分が収納できて場所をとらないソフトタイプのものと、収納のできないハードタイプのものがあります。個人で使う場合だとソフトタイプの方が人気がありますが、店舗で使う場合はハードタイプの方が支持されているようです。その主な理由の一つに、ハードタイプの方が、一般的に故障が少ないからというのが挙げられると思います。

また、ハードタイプのものの中には、1人用のものもありますが、多人数で使えるタイプのものもあります。どのような場所で使うかによって、タイプを選ぶべきでしょう。学校やスポーツのチーム内で使うのであれば、人数対効果で考えれば多人数ものの方がでも良いでしょうし、1人きりでリラックスできる環境を優先して考えるのであれば、一人用のものの方が良いと思います。

マシンを選ぶ場合にポイントになることとして、操作の利便性も挙げられます。種類によっては、酸素カプセルを動かしている間、オペレーターがついていなければならないものと、そうでないものがあるからです。店舗でお客様に使っていただく場合、1人のお客様に従業員がつきっきりというよりは、はじめと終わりだけ、従業員が関わればよい機器の方が向いていると思います。