酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


特徴を確認

酸素カプセルと一口にいいますが、ちょっと調べてみれば分かるように、いろいろなものがあり、値段もさまざまです。経営者として考えた場合、導入コストが低いにこしたことはないわけですが、性能や後々のメンテナンスなどまで考えると、一概に価格ばかりで選ぶのは危険。費用対効果をよく調べて購入すべきだと思います。

業務用ならハードタイプの酸素カプセルを

酸素カプセルには、大きく分けて、ボックス部分が収納できて場所をとらないソフトタイプのものと、収納のできないハードタイプのものがあります。個人で使う場合だとソフトタイプの方が人気がありますが、店舗で使う場合はハードタイプの方が支持されているようです。その主な理由の一つに、ハードタイプの方が、一般的に故障が少ないからというのが挙げられると思います。

また、ハードタイプのものの中には、1人用のものもありますが、多人数で使えるタイプのものもあります。どのような場所で使うかによって、タイプを選ぶべきでしょう。学校やスポーツのチーム内で使うのであれば、人数対効果で考えれば多人数ものの方がでも良いでしょうし、1人きりでリラックスできる環境を優先して考えるのであれば、一人用のものの方が良いと思います。

マシンを選ぶ場合にポイントになることとして、操作の利便性も挙げられます。種類によっては、酸素カプセルを動かしている間、オペレーターがついていなければならないものと、そうでないものがあるからです。店舗でお客様に使っていただく場合、1人のお客様に従業員がつきっきりというよりは、はじめと終わりだけ、従業員が関わればよい機器の方が向いていると思います。

業務用と一般用の違い

酸素カプセルは業務用のものだけでなく、一般用のものもあります。これらはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

それぞれの違いとは?

家庭用の酸素カプセルがあるといっても安いものではありません。ただ、業務用の酸素カプセルは家庭用に比べると更に高価なものとなっているのです。

価格面での違いが最も大きな違いだといえるでしょう。

また、酸素カプセルは大きく分けてソフトタイプとハードタイプのものがあるのですが、このうち家庭用として広く普及しているのはソフトタイプの方です。ハードタイプは基本的に業務用だと思っておきましょう。価格が高いのも理由の1つですが、それ以外にも重さの問題があります。

ハードタイプの特徴として非常に重量があり、一度設置すると気軽に移動することはできません。基本的には業者に依頼をして移動を行ってもらう形になるため、移動する必要が出た時の費用についても考えておかなければなりませんね。

家庭用として販売されているソフトタイプのものは使わない時にコンパクトに収納できるタイプのものもあるため、家の中に十分なスペースがないけれど酸素カプセルを導入したい!と思っている方でも検討しやすいはずです。

また、小規模店舗で業務用として酸素カプセルを利用する場合、 スペースの都合から家庭用のソフトタイプを使う選択肢もあるでしょう。その場合は耐久性についても考えておかなければなりません。

業務用はハードタイプのものが多いのですが、ハードタイプはソフトタイプに比べるとアルミや鉄、FRP(繊維強化プラスチック)で作られており、非常に強度があるのが特徴です。耐久性にも優れているため、長年にわたって使えます。

業務用として導入する場合、高い費用をかけて導入するわけですから元を取らなければなりませんよね。ですが、家庭用に多いソフトタイプのものや耐久性が低いものを導入した場合、早い段階で故障してしまう可能性があるのです。

特にソフトタイプの酸素カプセルはエアー漏れが起きやすいと言われており、業務用として一日に何度もチャックを開け閉めするような使い方をすると故障する可能性も高くなってきます。下手をすると元を取る前に壊れてしまう可能性もあるでしょう。

ただ、近年は家庭用の酸素カプセルも質が高くなっており、圧力が高く、耐久性に優れた特徴を持っている商品も登場しました。家庭用の商品を選択する場合は耐久性があるものを選ぶようにしたいですね。

業務用酸素カプセルのメリット・デメリット

業務用酸素カプセルのメリットとして挙げられるのが、耐久性に優れていることのほか、圧力に関することです。高価な商品が多くなりますが、一般的には家庭用酸素カプセルに比べると圧力が高いものが多く、全身に均一に圧力がかかるような高性能のものが主流となっています。

これは、業務用として販売されているものにハードタイプのものが多いことも関係しているでしょう。製品の強度がしっかりしているため、高い圧力をかけることができるわけですね。

反対にデメリットとして挙げられるのが、修理の費用が高くなりがちだということ。 ハードタイプのカプセルが故障した場合、部品の交換で高い費用がかかる可能性もあります。この点についても押さえておきましょう。

家庭用酸素カプセルのメリット・デメリット

家庭でも導入しやすいようにしっかりとした設備を維持しながら価格を抑えた商品が多いです。そのため、業務用よりも気軽に検討できるといえるでしょう。

また、置き場所に困らないようにいろいろな工夫がされているのもメリットです。家で使うものということもあり、音に関しても抑えられている商品が多いので、静音性に優れている商品であればアパートやマンションで使ったとしても近隣に迷惑をかけることはないでしょう。

業務用の酸素カプセルでも静音性に優れているものはありますが、古いタイプのものだと音がうるさく、一般家庭には向かないものも多いです。

反対に、一般用の酸素カプセルに挙げられるデメリットは、ものによっては圧力が低いタイプの商品があるということ。家庭用酸素カプセルといっても様々な種類があり、価格も大きく違います。相場に比べて安い製品は圧力が低い可能性もあるので、注意しておきましょう。

一般用を業務用として使える?

どの酸素カプセルを選ぶかによって違います。品質にもかなりの違いがあるため、海外の粗悪部品を使って作られたような安い酸素カプセルの場合は業務用として使うには圧力が足りなかったり、すぐに壊れてしまう可能性もあるでしょう。

また、使用頻度によっても使えるかどうかは異なってきます。毎日多くのお客さんが利用する予定があるのであればやはり一般用ではなく、業務用のものを選択したいですね

オークションで安い中古の家庭用酸素カプセルも出回っていますが、こういったものを業務用として購入したとしても長持ちしない可能性も高く、損をしまう可能性もあるので気をつけましょう。

こちらでは酸素カプセルを比較してご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

>> 酸素カプセル比較ランキングを見る