酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


費用対効果を知る

こちらでは酸素カプセルを導入する際にかかる費用面について解説します。

リースと購入、どちらの酸素カプセルを選ぶべきか

事業として酸素カプセル導入を考えた場合、酸素カプセルの機器購入にかかる費用と、どのくらいの収益が望めるかが気になるところ。酸素カプセルには中古品やリースなどもあるのですが、ハードタイプは市場に出回るようになってから数年ということもあり、なかなか中古品は出なかったり、もし出ているとしても、後々のメンテナンスのことを考えると、私は購入する気にはなれませんでした。リースも考えましたが、リース期間終了後はどうするのか?と考えた場合、購入した方が事業としては展開しやすいと考えて、新品のものを購入することにしました。

酸素カプセルの種類や業者によって、新品での購入価格は安いもので200万円前後。高くなると400万円くらいです。値段だけではなく、そのマシンの正規取扱店であるかどうかなども考えなくてはいけません。買ったのはいいけれど、故障した時のメンテナンスなどがきちんとしていなくては、後々、修理しなくてはいけなくなった時に大変です。

酸素カプセルの利用料金の設定は、60分で3,000〜6,000円くらいが平均的。高く設定すればよいかというと、そうでもないと思います。定期的にお客様に利用していただける金額を考えて設定するべきでしょう。3,000円で月25日の営業、一日3回の利用があったと考えて、1ヶ月で22万5000円の売り上げが上がることになります。これを1年間で考えると、総額270万円となります。酸素カプセルは1度購入してしまえば数年間は稼働させることができますので、例えば250万円で買ったとしても、1年で元がとれることになりますね。