酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


酸素カプセルガイドHOME » 酸素カプセル導入への道 » 酸素カプセル導入後のデメリット

酸素カプセル導入後のデメリット

たくさんの働きを持った酸素カプセルではありますが、導入する際のデメリットが全くないわけではありません。そこで、私が感じたデメリットについてご紹介しましょう。

導入前におさえておきたいデメリット

最大のデメリットともいえるのが導入にかかる費用です。安いものではないので「これを導入して本当にメリットが上回るのか?」といった不安がありました。

導入を迷っている方は、まずお試ししてみるのがおすすめです。短期間のレンタルを行っているところもあるので、自分で実際に試してみるとどういったものなのか具体的に検討できると思います。

注意しなければならないのがサイズに関することです。酸素カプセルはものによって大きさが違い、かなりのサイズのものもあるのでどこに置くのか?ということも問題になってくるかもしれません。

実際に導入してからのデメリットとして挙げられるのが、せっかく高い効果を持った酸素カプセルではあるものの、それをうまくお客様に伝えるのが難しいということ。

導入後すぐに常連のお客様におすすめしてみたものの「別料金がかかるならいいや」と言われてしまうことも多くありました。自分でしっかり酵素カプセルの魅力を理解しておく必要があると思います。

「疲労回復に効果的なんですよ」とおすすめしたところ「どんな仕組みで?」と聞かれ、うまく答えられなかった経験もありました。導入にあたり、酸素カプセルの仕組みやメリットなどについて一通り学ばなければならないのもデメリットだといえるかもしれません。

ですが、メーカーの説明も受けられるので難しい事ではありませんし、自信をもっておすすめできるようになります。それに、導入後しばらくは割引価格で提供することにより「おっ、それなら試してみるか」と言ってもらえることも増えました。

デメリットについてご紹介しましたが、メリットの方がはるかに上回っているのを実感しています。