酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


疲労回復

私たち人間が酸素を必要としているのは常識ですよね。ですが、なぜ酸素が必要かというと、お分かりの方は少ないかもしれません。

人間の身体は約60兆個もの細胞からできているといわれていますが、その細胞が活動する場合に必要になるのが酸素なのです。血液の流れが止まれば動物は死んでしまいますが、それは血液が止まることで細胞に酸素が行かなくなり、そのために細胞が活動を停止し、動物そのものが死んでしまうのです。

それでは、私たちが感じる疲れにも、酸素は関係あるのでしょうか?

スポーツ選手が酸素カプセルを愛用する理由

もちろんです。疲労というのは、筋肉に乳酸が溜まっていくと感じるようになってしまうものです。肩のコリや身体のだるさも乳酸の仕業。筋肉が活動するためのにはブドウ糖が分解されてエネルギーとして利用され、ピルビン酸という物質になるのですが、そのピルビン酸が酸素を十分に利用できないと、乳酸が発生します。以前は疲労物質といわれていた乳酸ですが、最近では、発生した乳酸は酸素を取り入れることでピルビン酸になり、エネルギー源になると考えられています。疲労と乳酸、酸素は密接に関連しているのです。

酸素カプセルに入ることで、最も顕著に感じられる効果のひとつが、疲労回復です。かなり疲れている人なら、1度の利用でもその効果を実感することができます。その後、継続的に酸素カプセルを利用することで、疲れにくい身体を作る効果もあるといわれています。プロ野球チームが酸素カプセルをチーム内に設置していたり、サッカー選手やプロのアスリートが酸素カプセルを個人で購入して家に設置していたりするのは、この疲労回復の効果を狙ってのことが多いのです。