酸素カプセル導入ガイド

集客率・売上げUPにつながる酸素カプセルを正しく選ぶ方法

メディカルO2
(株)MO2 コーポレーション
京都大学の教授と共同開発したという、高気圧・高濃度が売りの酸素カプセル。「効果があるのはこの商品だけ!」など、やや宣伝過剰なのが気になります…。

詳細はこちら

O2 capsule
(オーツーカプセル)
(株)タイムワールド
全国で1,000ヶ所以上の導入実績を持つ、酸素カプセルの代表的な商品。マシンが高機能なのはもちろん、製造メーカーならではのサポートや販促フォローが充実しています。

O2 capsule(オーツーカプセル

詳細はこちら

Dream-plus
(株)カワサキ モータースジャパン
川崎重工のグループ会社が提供する酸素カプセル。機能面や品質は信頼できるが、その分、他の製品より価格は高めです。

詳細はこちら


集中力アップ

身体のケアだけではなく、脳にも効くのが酸素です。脳の重量は全体中の2%といわれていますが、酸素の消費量は全身の酸素消費量の20〜25% 。それだけ、脳は酸素をたくさん消費しているのです。脳への酸素供給は、人間の生命維持にも不可欠です。しかし、その酸素は、脳に貯めておくことはできません。常に新鮮な酸素を供給している必要があります。

それでは、脳に酸素が不足するとどういうことが起きるのでしょうか?

全身の酸素消費量の20~25%は脳で消費

脳が懸命に働こうとする時、たとえばハードに頭脳労働をしたり、勉強をしたりする時などには、よりたくさんの酸素が必要です。十分な量の酸素が供給されないと、脳は酸素不足になってしまいます。それがひどくなると、頭痛が起きたり、脳貧血になったりします。そういう自覚がない場合も、集中力や思考力が低下していることが多いのです。

逆に脳に酸素が行きわたった状態の時には、脳は活発に働くことができます。ある調査では、高濃度の酸素を吸いながら英単語を覚えたグループと、普通の状態で英単語を覚えたグループでは、翌日のテストで酸素を吸ったグループの方が多くの単語を覚えていたといいます。

酸素カプセルに入ることで、脳への酸素供給も大量に行われることになります。酸素が十分に供給されると、脳は活発に働いているα波を出している状態になるといわれています。この状態は、集中力や、記憶力が高まっていることを示しているもの。その効果を求め、リフレッシュを兼ねて酸素カプセルに行くことが受験生の間でも話題になっているのだそうです。